雲が描いた月明かり~第9回より

友だち追加

パクボゴム主演の韓国時代劇ドラマ、胸キュンラブストーリーの「雲が描いた月明かり」にて鍼のシーンを発見しました。

ウスバサイシンを針につけて顔に鍼を刺していますね。腫れさせて皺をとるような解説をしています。これは、まさに美容鍼!もちろん、現在日本の鍼灸では鍼に何かを塗ってなどはできませんが、昔はこんなこともやられていたのでしょうかね。
ちなみにウスバサイシンとは細辛(サイシン)と呼ばれその根っこが漢方薬の生薬として使われています。

男に変装して内官となったホンサムノムと世子であるイヨンの恋は果たしてどうなるのか。
脇役がまた面白いので、楽しみながら観ることができます。

雲が描いた月明かり

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP