<鍼灸治療について>

Q:鍼は何に効くのですか?
A:鍼灸の適応疾患はさまざまあります(下の表を参照)。
 また、病名のつかないもの、病気の手前の状態(未病)に対しても鍼灸の効用が認められています。

Q:鍼は痛いですか?
A:注射のような刺したときの痛みはほとんどありません。
 筋肉に当てた時に「ズン」と響くような感覚があることがあります。
 痛みに敏感な方へは確認しながら刺激しますのでご安心ください。

 

Q:針は使い捨てですか。
A:はい、すべて使い捨ての針を使っています。

Q:生理中ですが受けられますか。
A:はい、大丈夫です。
 生理中の不快な症状がある方はそれが軽くなることが多いです。
 もし触れてほしくない身体の部分などありましたら事前にお伺いいたします。

Q:妊娠中ですが受けられますか。
A:妊娠中の方へも施術をしておりますが、主治医の先生に確認の上、鍼灸を受ける了承を得ていただいております。

Q:何か用意していくものはありますか。
A:鍼治療専用の着替えはこちらで用意してありますので持参しなくて構いません。

Q:どれくらい通えば治りますか。
A:体質や症状、病気の経過などによってそれぞれです。状態をみた上で、鍼灸治療の頻度や回数をご案内しております。

Q:鍼灸治療が合う、合わないがあると聞いたのですが。
A:鍼灸治療がと、いうよりは施術者との相性があると思います。また、鍼灸が「好き」「嫌い」がありますので、最初鍼灸を受けるのに抵抗がある方はご相談ください。鍼が嫌でもお灸は大丈夫な方もいるのでその場合はお灸のみで施術していきます。また「刺さない針」での施術もあります。

PAGE TOP