鍼灸はどんな症状に対応できるのでしょうか?

友だち追加

「〇〇は鍼灸は効きますか?」
という質問をよく受けます。

法律上、〇〇に効く!と言えないので、良く知られていないのが現状です。もし〇〇に効く!〇〇が治る!という広告などを見かけたらそれは法律違反か無資格のどちらかなので、気をつけてくださいね。

ここでは、鍼灸が対応できる疾患、症状について、まとめておきますね。

<肩の主な疾患>肩が痛い、動かない
・肩峰下インピンジメント症候群
・肩関節周囲炎
・四十肩・五十肩
・肩峰下滑液包炎
・上腕二頭筋長頭腱炎
・変形性肩関節症
・野球肩
・水泳肩
・胸郭出口症候群

<肘の主な疾患>肘が痛い、動きが悪い
・野球肘
・ゴルフ肘
・正中神経麻痺
・尺骨神経麻痺
・肘部管症候群
・橈骨神経麻痺
・上腕骨外側上顆炎
・上腕骨内側上顆炎
・変形性肘関節症
・肘頭滑液包炎

<手首、手、手の指の主な疾患>手首が痛い、動きが悪い、指が痛い・動きが悪い
・ガングリオン
・手根管症候群
・肘部管症候群
・正中神経麻痺
・尺骨神経麻痺
・ギヨン管症候群
・橈骨神経麻痺
・腱鞘炎
・ドケルバン病
・ばね指
・変形性関節症
・手の関節リウマチ

<股関節の主な疾患>股関節が痛い・動きが悪い
・変形性股関節症

<膝の主な疾患>膝が痛い・動きが悪い
・オスグッドシュラッター病
・腸脛靭帯炎
・関節リウマチ
・変形性膝関節症
・鵞足炎

<足首・足の主な疾患>足首が痛い・動きが悪い、足の痛み・動きの悪さがある
・関節リウマチ
・足根管症候群
・アキレス腱炎
・アキレス腱周囲炎
・アキレス腱付着部炎
・足底筋膜炎

<体幹の主な疾患>背中や腰が痛い・動きが悪い
・椎間板ヘルニア
・脊柱管狭窄症
・脊椎分離すべり症
・変形性脊椎症
・筋膜性疼痛症候群
・急性腰痛症(ギックリ腰)

<消化器系症状>
・食欲不振
・悪心嘔吐
・からえずき
・のどに酸っぱい液体がこみ上げる
・ゲップが多い
・しゃっくり
・胸やけ
・腹部膨満感
・お腹が冷える
・お腹が鳴る
・胃の痛み
・へそ周辺の痛み
・下腹部中央の痛み
・下腹部両側の痛み
・側胸部の痛み
・腹部にできるかたまり
・濇後すぐに起こる空腹感
・食事中や食後すぐに眠くなる
・口臭
・口内炎・口角炎
・便秘
・下痢
・痔

<泌尿器科系>
・頻尿
・夜間多尿
・尿失禁
・夜尿症
・小便の切れが悪い
・尿量減少
・排尿困難
・排尿痛
・小便清長
・小便黄赤

<不定愁訴>
・頭痛
・頭が重い
・頭が張る
・頭が揺れる
・頭鳴
・めまい
・不眠
・いつも眠い
・夢をよく見る
・物忘れ
・認知症
・よくため息をつく
・寒がる、冷え性
・暑がる
・五心煩熱
・よく汗をかく
・何もしていないのに汗をかく
・寝汗をよくかく
・頭と顔面部だけに汗をかく
・脇の下によく汗をかく
・前胸部に汗をかく
・手のひらや足に汗をかく
・疲労倦怠感、疲れやすい
・体が重だるい

<呼吸器系症状>
・咳
・痰
・くしゃみ
・あくび
・息切れ・声に力がない
・喘鳴
・呼吸困難
・喘息発作
・胸部の不快感
・胸部の痛み
・かぜ

<眼科系症状>
・目がかすむ
・眼精疲労
・目の乾き
・目が赤い
・目のかゆみ
・目の痛み
・涙目
・眼瞼下垂

<耳鼻科系症状>
・耳鳴り
・難聴
・耳の痛み
・耳のかゆみ
・鼻が詰まる
・鼻水が多い
・鼻の痛み
・鼻の乾き
・嗅覚の低下
・鼻息が臭い
・咽喉痛
・のどの渇き
・のどの赤み、腫れ
・のどのかゆみ
・かすれ声
・のどの閉そく感や異物感

<婦人科系症状>
・生理痛
・頻発月経
・揮発月経
・月経周期が不安定
・月経の中断
・不正出血
・閉経後の不正出血、月経再開
・月経量が多い、月経期間が長い
・月経量が少ない、月経期間が短い
・経血に血塊が混じる
・経血の色が薄い
・経血が粘る
・月経前の乳房の張り
・月経前に出現する吹き出物
・月経期の不調
・産後の不調
・おりものの異常
・不妊症

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP