論文からみる鍼灸①〜非特異的慢性腰痛

友だち追加

非特異的慢性腰痛(LBP)に対する鍼治療
↑↑↑詳しくはこちらをクリック

主な結果

シャム鍼に比べて、治療直後の痛みの軽減には鍼治療の方が効果的ではない場合がある。鍼治療は、治療直後に背中特有の機能を改善するような結果は見られないか、短期的には生活の質を向上することはできない可能性がある。

鍼治療は、治療直後の痛みの緩和や機能改善には、無治療より優れていた。

鍼治療は通常の治療に比べて、臨床的に痛みを有意に軽減するような効果は見られなかったが、治療直後の機能改善にはより効果的である結果であった。鍼治療は短期的には生活の質を改善しなかった。

有害事象の発生率は、鍼治療とシャム鍼の間、及び鍼治療と通常の治療の間で同程度である可能性がある。鍼治療に関連する副作用は軽度または中等度と見なされた。

確実性が高くないのでまだなんとも言えないようですね。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP