問診①「いつから痛みがありますか?」

友だち追加

鍼灸治療の際、行われていることを具体的に解説します。
ここでは一番多い「痛み」に関する鍼灸治療の流れをご案内していきます。
「お腹の調子が悪い」「鬱々とする」「眠れない」「顔がむくむ」などいわゆる内臓系、自律神経系、美容系のお悩みに関しては別で解説していきます。

「いつから痛みがありますか?」

これは今の痛みが「急性」のものか「慢性」のものか判断する材料となります。
痛みが継続している期間が3か月以内だと急性、3か月以上だと慢性と推測します。

なぜ、急性か慢性化の判断が必要なのか。

それは対処方法が変わるからです。

急性の場合は「痛みの原因を追究した治療」
慢性の場合は「痛みを止める治療」
を行います。慢性の場合、痛みの原因が複雑になっていることが多く、また原因不明のこともあるのです。

そのため、今の痛みがいつからあるのか、振り返ってみてください。
また、慢性の場合、原因が複雑であるため治るまでに時間がかかることを頭に入れておいてください。
痛みが出たら早めに対処するのが一番ということですね。

目安は3か月以内。1か月も続いているようでしたら、まずは病院や治療院を受診してください。

また、強い痛みがある、痛みが強くなる場合はすぐに病院です。

受診前に気になることがございましたらお気軽にご相談ください。
meridianhouse89@gmail.com
もしくはLINEまで。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP